阪急吹田駅に近いピアノ教室。多種多様な講師陣でレッスン。リトミック。ミュージックスクール

musicschool NOTE

講師紹介

ピアノ・ボーカル講師

布川佳苗(ぬのかわかなえ)
布川佳苗
3歳からピアノを始め,華頂女子高校音楽科声楽科卒業。
大阪音楽大学短期大学部声楽科卒業。
第6回ジョイフルサウンズピアノコンクール、
第3回RMSファンタスティックピアノコンクールファイナリスト。
アコースティックバンド「奏-Sou-」のピアノ&ボーカリスト。
(株)MBコミュニケーション音楽事業部主任、Kanae音楽教室代表。
フリーの演奏家、イベント企画、ステージマネージャー他、伴奏者、楽曲アレンジャーとして活動中

ピアノ講師

太田麻美(おおたあさみ)
太田麻美
5歳よりピアノを始める。高校在学中にかぶとやま交響楽団とメンデルスゾーンのピアノ協奏曲を共演。
同志社女子大学音楽学科を経て、大阪音楽大学大学院ピアノ研究室修了。
各ソロやデュオピアノコンクールにおいて入賞し兵庫県立芸術文化センターにて2台のピアノによる
デュオコンサートを開催するなど精力的に演奏活動をしている。
現在,兵庫県立高校ピアノ講師として勤務し、他各所音楽教室ピアノ講師。
また演奏家として活躍している。
椋本道子(むくもとみちこ)
椋本道子 1990年~2000年初頭まで各音楽事務所にてブライダル演奏を中心に活動しながら
ヤマハグレード試験、指導グレード取得。ヤマハ認定講師として「ヤマハエレクトーン・ピアノ教室」を自宅にて開始。
その他、各地の音楽教室に講師として所属し現在まで約20年にわたりピアノ・エレクトーンを中心に
個人・グループの指導に当たっている。また幼児音楽教育にも携わり、
リトミック等の経験を活かしながら現在も指導の第一線で活躍中。
jet全日本エレクトーン指導者協会会員。ヤマハエレクトーン・ピアノ講師認定。ヤマハ演奏・指導グレード取得。
平垣友里(ひらがきゆり)
平垣友里
4歳よりピアノをはじめる。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業後,同大学専攻科修了。
専攻科在学中、小田野宏之氏指揮のもとザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団と協演。
第30,31回高槻新人演奏会出演。
第8回かやぶき音楽堂デュオコンクール3位入賞。
高槻音楽家協会主催の定期演奏会、ロビーコンサート、サロンコンサート等に多数出演。
またクラシックのコンサートだけでなくライブでのサポート出演等、ジャンルにとらわれず幅広く
音楽活動を行っている。
現在,大阪音楽大学付属音楽幼稚園保育助手,同大学付属音楽院ピアノ講師。
高槻音楽家協会会員。
高村美香(たかむらみか)
高村美香
6歳より、YAMAHA音楽教室幼児科に入会・幼児科終了後ジュニア科目専門コースに進級。
ジュニアオリジナルコンサート(JOC)入賞。ヤマハピアノコンクールで優秀賞受賞
ジュニア科専門コース終了後、継続して高橋ひろこ先生に師事。
13歳時、吉岡恵子先生に同時に師事。ピティナピアノコンペティションD級で全国大会出場
E級で地区本線二次選考出場等コンクール出場・入賞経験あり
バークリー音楽院受験、合格、諸事情により辞退し国内私大へ進学、現在に至る。
現在は演奏会、コンサート等での演奏・サポート等に携わりながら
2017年より個人でピアノ指導も開始。
取得グレード
ヤマハピアノ演奏グレード3級、指導グレード3級
カワイピアノ演奏グレード3級、指導グレード5級
岡本泉(おかもといずみ)
岡本泉
4歳よりピアノを始める。
12歳より大阪音楽大学付属音楽学院へ入会、大阪音楽大学短期大学部ピアノ専攻卒業。
学内オーディションを経て第15回ジュニア・カレッジ・コンサートに出演。
サロンコンサートなど積極的に演奏活動をしながら、並行して
音楽教室にて後進の指導にあたる。
2013年リトミック指導資格中級取得
高野良輔(たかのりょうすけ)
高野良輔
15歳より本格的にピアノを始める。
2006年京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻を卒業後
2007年よりオーストリア・ウィーン私立音楽院大学大学院ピアノ専攻演奏科および同専攻教育科にて研鑽を重ねる。
エリカ・チャーリーピアノコンクール5位入賞(ウィーン),ピエトロ・アルジェント国際コンクール入選(イタリア)
大阪国際音楽コンクール第2位(1位無し)等コンクールにも積極的に参加。
2012年京都芸術祭に出演し、音楽部門において京都府知事賞受賞。
交野シティフィルハーモニーと協奏曲共演やソロリサイタルを行うほかピアノ2台や器楽奏者との各デュオ、室内楽および歌曲伴奏、
合唱団のピアニストを務めるなど、幅広く活動を行っている。
見た目の大きさとは裏腹にとても繊細。

ボーカル講師

山本 笑(やまもとえみ)
山本笑
キャットミュージックカレッジ専門学校卒業。
在学中はボイストレーニングやテクニック、作詞作曲を中心に学ぶ。
卒業後もライブ活動を精力的に行い、2012年よりボーカル講師を開始。
母校であるキャットミュージックカレッジ専門学校で講師を経験した他、
現在は主に島村楽器にて指導にあたっている。
在学中から所属しているゴスペルクワイヤー「スピねこ」や、
東京を中心に活動しているバンド□□□(クチロロ)のメンバーとして
多方面で活動中
宮澤るみ(みやざわるみ)
yuki
4歳よりピアノと歌のレッスンを始める。9歳の時に人前ではじめて歌を披露。音楽の道を志すきっかけになる。 高校在学中からはバンド活動でボーカルを担当。コピー&オリジナル曲を歌い ライブ活動を始める。その後、大阪音楽大学音楽学部声楽科へ進学しクラシックの基礎を学ぶ。音大 卒業後は音楽幼稚園、音楽教室で歌とピアノの指導、ボーカル教室ではJpopからミュージカル、演歌まで幅広いジャンルの指導に携わる一方、インストラクターの指導養成にも従事。また、ミス・アースジャパン兵庫大会 スピーチパフォーマンス講師としてスピーチ、発声の指導にも関わる。現在は介護施設での音楽セラピー、スクールきると非常勤講師、他各音楽教室にてボイストレーニング、ボーカル指導を行っている。

サックス講師

向井孝之(むかいたかゆき)
向井孝之
高校時代に音楽に出会いサックスを始める。吹奏楽からスタートし市民団体や地域の団体への参加。
学生時代にプロの演奏家として学び、各種イベントでの演奏、企業団体のパーティーや学校等への慰問演奏などの演奏活動を経て
単身フランスへ渡りフランスでのツアー演奏、リヨンオペラなどでのライブを実施。
イベントマネージャーとしての指導を受け帰国。各所イベントでの演奏を続けながらレッスンを開始し
「音楽の楽しさ」を伝えるべく企業主宰のビックバンドの指導や吹奏楽の指導他、ライブ活動等を行う。
楽譜アレンジなども手掛け少人数団体向け吹奏楽、ビックバンド,ジャズアレンジを行い
現在もフリーの演奏家、指導者として活動中。
2016年「MusicSchoolNOTE」主宰。2017年 YMC梅田、YMS千里講師就任、カルチャーセンター森ノ宮 サックス講師
稲村芙梨衣(いなむらふりい)
稲村芙梨衣
大阪音楽大学音楽学部器楽学科管楽器専攻、同大学大学専攻科卒業。
これまでにアンサンブルにて第22回全日本クラシック音楽コンサートにて新人賞
第10回KOBE国際学生音楽コンクールにて奨励賞
第11回ベストプレイヤーズコンクールにて優秀賞を受賞
サクソフォンを岩田瑞和子、前田昌宏、赤松二郎の各氏に師事。
室内楽を井上麻子、上塚憲一の各氏に師事。
現在、Mebius∞SaxophoneEnsemble アルト奏者。
SmoothJAZZ、FUNK、POPSのジャンルでバンド活動を行うなど様々なジャンルで演奏活動を行っている。

フルート講師

野村理恵(のむらりえ)
野村理恵
幼少期から合唱、ピアノ、10歳からフルートを始める。
大阪音楽大学短期大学部を卒業後、同大学音楽学部へ3年次編入。日本フルート協会関西部会主催「第40回フルート新人演奏会」出演。
これまでに竹内祐子、大嶋義実、大江浩志の各氏に師事。
在学中から老人ホームの慰問演奏や小学校の訪問演奏を行う。
現在は関西を中心に演奏活動を行う他、フルート講師や小学校音楽クラブの指導にもあたっている。
梅津香音(うめづかのん)
梅津香音
11歳よりフルートを始める。第16回日本フルートコンヴェンションコンクールアンサンブル部門高校の部金賞。第17回、同コンクール金賞(最高位)受賞。第20回びわ湖国際フルートコンクールジュニア部門入選、第69回全日本学生音楽コンクールフルート部門高校の部大阪大会入選。 アンドラシュ・アドリアン、小山裕幾氏の公開マスタークラスを受講。 2017年3月、いたみホール、1階エントランスホール活用事業Vol.7により、ソロコンサート開催。神戸異人館風見鶏の館でのオープンコンサート、ブライダル演奏、福祉施設におけるソロコンサート等、積極的に演奏活動を行う。 これまでにフルートを、柴田孝治郎、大塚裕紀子、金川知子、西田直孝、中務晴之の各氏に師事。 兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て現在、大阪教育大学教養学科芸術専攻音楽コース4年在学中。

クラリネット講師

貴田藍子(きだあいこ)
貴田藍子
大阪音楽大学卒業。大文字国際交流音楽祭、京都の秋音楽祭等に出演。 第7回DAEPアーティスト選抜コンサート第3位、第17回高槻音楽コンクール第2位。東京国際芸術協会海外音楽大学マスタークラス派遣助成オーディションに合格。アメリカにてリチャードホーキンス氏のマスタークラスを受講。2015年リサイタルを開催する。室内楽を宮本謙二、クラリネットを青山秀直、小川哲生、ブルックス・トーンの各氏に師事。大阪音楽大学演奏員。
木山亮子(きやまりょうこ)
木山亮子
大阪音楽大学音楽学部器楽学科クラリネット専攻を卒業。 在学中より、大阪アーティスト協会主催「ジョイントコンサート」などに出演、泉の森フレッシュコンサートオーディション合格、同コンサートに出演する他多数出演。卒業後、大阪フィルハーモニー交響楽団のメンバーとウェーバー「クラリネット五重奏曲」を共演、鳥取県倉吉市で開催されたアザレアのまち音楽祭にて、リサイタルリレーコンサートなど出演。鳥取県大山町にある圓流院にて奉納演奏を度々行なう。2016年銀座、大阪でヤマハ主催コンサートに出演。2017年クラリネットアンサンブルtantanto1stCD「tamatebako」をリリース。文化庁 文化芸術による子供の育成事業で各地でレッスン、音楽鑑賞会に参加する他、ヤマハインストラクターとして、またプライベートレッスンなどで、後進の指導にあたる。 クラリネットを、本田耕一、長門由華、藤井由香、藤井一男の各氏に師事。 NSO JAPAN、クラリネット アンサンブル tantanto、クラリネット四重奏団Moriendo café各メンバー。

トランペット講師

竹長祐希(たけながひろき)
竹長祐希
12歳よりトランペットを始める。滋賀県立石山高等学校音楽科を経て
ESA音楽学院入学、演奏学科にてクラシックを専門的に吹奏楽、マーチング等の演奏・指導について学ぶ。
第8回関西トランペット協会にてパフムトワのコンチェルトを演奏、中学生・高校生を中心に指導を続けながら
ブライダル演奏や指導活動を各所で実施している。
これまでに林辰則、森下智念の各氏に師事。
正木健太郎(まさきけんたろう)
正木健太郎
広島県広島市出身。11歳からトランペットを始める。
大阪芸術大学芸術学部演奏学科管弦打コーストランペット専攻卒業。
トランペットを森下治郎、高見信行、ヒロ野口の各氏に師事。
室内楽を森下治郎、西田和久、ヒロ野口の各氏に師事。
在学中に学内選考によるオーケストラの演奏会に多数出演。クリスティアン・ストロフ氏の公開レッスンを受講。
第22回浜松国際管楽器アカデミーにてデイビッド・ビルジャー氏のクラス修了。
第38回広島市新人演奏会に出演。現在、ヤマハ管楽器インストラクターとして関西を中心に活動中。

ギター講師/ウクレレ講師

福井 努(ふくいつとむ)
福井努
9歳からギターをはじめ、14歳で渡米。
本場のロックに触れ帰国後数々のバンドを経験。セッション活動などを続けながら
20歳からプロギタリストとしてバンド「太陽の塔」「SPOON」にてメジャーデビュー
その後,様々なメジャーアーティースト等のサポートギタリストとして活動し
米SONY MUSICアーティスト、Bob Deewith Petroにギタリストとして参加。
クラシック奏者との共演など様々な経験を経てアイドルユニットや映画音楽、CM曲などの楽曲制作を中心に活動中。
白川翔也(しらかわしょうや)
白川翔也
大阪の音楽専門学校を卒業後、ギター教室の講師などの活動をしながら
自己の音楽を平行して行う。現在はギター講師の他、主に関西でブライダル演奏、
Cafe、Barでの演奏仕事をこなす。
ギターサポートもしており、2018年 愛媛武道館で行われた音楽イベント
'GAINA MATSUYAMA'にてギザレーベル所属のメジャーアーティスト
Chicago Poodleのギターサポートとして出演。現在Chicago Poodleサポートギタリスト
田中賢一郎(たなかけんいちろう)
田中賢一郎
CATミュージックカレッジ専門学校ギター科卒業後すぐプロギタリストとして活動を開始 2017年にソロウクレレアルバム「nocturne」を発表 様々なジャンルを取り入れた稀有なプレイスタイルのウクレレプレイヤーとしても活躍中 年間200本以上のステージをこなしながら生徒さんの目線に立ったレッスンで指導にも力を入れています

ギター/ベース講師/作曲・編曲

小村晋作(こむらしんさく)
小村晋作
学生時代のある日、野球小僧から一転し作曲/編曲/鍵盤を独学で学ぶ。 芸大/音楽専門学校を経た後のまたある日、鍵盤小僧から一転しギターに魅了されバンド活動に明け暮れる。 その後フリーの音楽家となり、作編曲/演奏/エンジニア等で制作リリースに携わった楽曲は500曲以上、関連ライブは1000本を超える。 また音楽講師として学校/教室/クリニック/セッションホスト等~数多くの現場での状況に合わせたユニーク且つ的確な指導に定評がある。 多様な体験や楽器経験から学んだ幅広い見識と感性を基に、現在は主に作編曲/演奏/エンジニアリングを中心に音楽家達と作品制作の日々を送る。

DTM講師

糸井 茜(いといあかね)
糸井茜
小・中・高と吹奏楽部にてパーカッションパートを担当。平行して13歳から作曲をスタート。18歳から神戸のライブハウスを中心に、シンガーソングライターとしてライブ活動を開始。20歳の時に初めてのワンマンライブを神戸VARIT.にて成功させる。21歳の時に所属していたバンド「The Ventz」にて初ライブをイギリス・ロンドンにて行う。その頃から録音・編曲に興味を持ち、独学で知識や技術を習得しながら現在に至る。夫婦バンド「Já(ヤオ)」で活動する傍ら、楽曲の制作提供や録音・編集等、コンポーザーとしても活動中。

バイオリン講師

大窪奏子(おおくぼかなこ)
大窪奏子
京都市立芸術大学卒。 在学中に沼田園子氏、大谷玲子氏に師事。 卒業するにあたり、市長賞、京都音楽協会賞を受賞。 2012年にイタリアのペルージャ音楽院にてヴァイオリンをパオロ・フランチェスキーニ、 室内楽をフランチェスコ・ペピチェッリに師事。2017年スイスのバーゼル音楽大学にてMaster Performanceを修了。 イタリアにてRivera Etrusca第2位、Premio Crescendo 第1位、Riviera della VersiliaにてPrimo Premio Assolutoを受賞。
廣野夏子(ひろのなつこ)
廣野夏子
三歳よりバイオリンを始める。 山口県学生音楽コンクール金賞(1998) 高槻音楽コンクール最優秀賞賞及び教育委員会賞(2003)。 KOBE国際学生音楽コンクール奨励賞(2008)。 同年、TIAA全日本クラシック音楽コンサート優秀賞。 ブルクハルト国際音楽コンクール奨励賞(2009)。 東京芸術音楽協会の海外マスタークラスオーディションに合格後、ウィーン国立音楽大学にて指導を受ける(2010)。 ロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスに参加(2012)。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。 これまでに、石井志都子、木村和代の各氏に師事。